2006年08月14日

RECOMMEND<Dr.kyOn>

Professor....jpg
★ PROFESSOR・LONGHAIR/CRAWFISH FIESTA
 アリゲーター/PCD-23043/2.300円
色気なんていう生易しさじゃござんせん。まさに猥褻そのもの、フェスのプレイはSEXそのものだ。
このニューオリンズファンク200%のピアノに生きる意味を感じるのだひでき。
E♭の大海原を華麗に泳ぎ回る「BigChief」は世界地図を180度ひっくり返す。



THUNDER CLAP.jpg
★ THUNDERCLAP NEWMAN/HOLLYWOOD DREAM/POLYDOR/833794−2
 AndyNewmanの歴史的ピアノプレイが聴ける「SomethingInTheAir」を収録した作品。
総てのロックピアノからあえて1曲選ぶなら僕はこの1曲をえらびますだおかだ。
大人しいふりをしていてもやるときゃやるのさAndyNewman。

★ YOUNG HOLT UNLIMITED/SOULFUL STRUT/RHINO/RNLP70039
 ソウルインストではRAMSEY LEWISとかと並ぶ誰もが知るこの1曲。
BoGumbos時代にもライブでよくカバーしてました。ピアノなしではありえない!
にゃにゃにゃにゃい曲の典型しーたかみね。
うるるん泣きながら踊れる飽きないチューンNo.1!「Soulful Strut」


Dr.kyOn
posted by CRAZY FINGERS WEB at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RECOMMEND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RECOMMEND<リクオ>

Dr.John.jpg

★ Dr.John/GUMBO/WARNER/AMCY-3041/1.700円

ニューオリンズR&B好きにとってはマストな一枚。
大学に入ってすぐの頃、先輩の下宿でこのアルバムを聴かせてもらって
「このコロコロ転がるピアノは何やねん?」って思った。乾いた音色、シンコペイト
するリズム、打楽器みたいなフレーズ、ニューオリンズ.ピアノ初体験の瞬間やった。
ピアノでファンキーになれるってことを、このアルバムが自分に教えて くれた。
この年の夏休みに一人でニューヨークに遊びに行った時に、なんとドクター・ジョンと
アラン・トゥーサンのジョイント・ライブを体験。ますます刺激され たね。これ自慢。

professor.jpg
★ Professor Longhair /Rock’n Roll Gumbo/Dancing Cat Records
フェスこそがニューオリンズR&B.ピアノ.スタイルの本家本元。
フェス以降、彼の影響下にないピアニストはニューオリンズには存在しないのではと思える程の大きな存在。
ドクター・ジョンのアルバム.タイトルにも使われた”GUMBO”とは
ニューオリンズのごった煮料理のことで、この街と音楽の特徴をあらわすにピッタリの言葉。
港町であるニューオリンズは、さまざまな人種と文化が混じりあって独特のエキゾチズムを生み出していた。
さまざまな音楽要素が混じりあった フェスのユニークなピアノ・スタイルは、
ニューオリンズという街を抜きにしては語れない。
このアルバムにはテキサス出身のギタリスト、ゲートマウス・ブラウンがギターと
フィドルで参加していて、これがまた最高。聴いていて自然に身体が揺れます。

otis spann.jpg
★ Otis Spann/Otis Spann Is Blues/ Absord Music Japan/ABCP76/
オーティス・スパンはシカゴ.ブルース界を代表するピアニスト。
このアルバムはオーティスの歌&ピアノと日本のブルース・ファンからも人気の高いロバート・ロックウッド.
JRのギターが絶妙に絡み合うセッション.アルバム。バンド形態じゃなく二人きりのセッションというのが、
また味わい深くてよいです。ピアノはもうこれぞブルース・ピアノと言いたくなるフレーズのオンパレード。
はっきり言って、「どブルース」です。真夜中に飲みながら、一人きりで聴くべし。

JOOLS HOLLAND  .jpg
★ Jools Holland/Jools Holland&His Rhythm&Blues Orchestra/Warner/WPCR-11211/
元スクィーズの鍵盤奏者ジュールズ.ホランドと彼の率いるビッグ・バンドによる一枚。
一曲ごとに参加しているゲスト・ヴォーカルが、スティング、 ジョ−ジ・ハリスン、
ポール・ウェラー、ジョー・ストラマー、ドクター・ジョン、ヴァン・モリソン、ジャミロクワイetc.と超豪華。
ブルーズ、ロックン・ロール、ニューオリンズ・ピアノの影響をもろに受けたピアノ・スタイルながら、
イギリズ人ならではのスタイリッシュさや粋も合わせ持っていて、しびれます。
現役バリバリのロック・ピアニスト。日本に来てくれへんかな。

リクオ
posted by CRAZY FINGERS WEB at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RECOMMEND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RECOMMEND<YANCY>

★ ERIC KAZ / 1000年の悲しみ/スライスオブライフ/SLCD-1014

FACES.jpg
★NICKY HOPKINS/夢見る人/SONY/SRCS9270/1.553円

★RANDY NEWMAN / SAIL AWAY/ WARNER /WPCR-2632/1.700円

★Tom Waits / The Heart Of Saturday Night /WARNER/1.700円

★ Nina Simone / ニーナとピアノ/BMGファンハウス/BVCJ-37371/2..427円
ベン・フォールズとかも大好きでよく聴いたけど、だんだん飽きるんだよね。
いつ聴いても、何度聴いてもいいなぁって思うのは、やっぱり
エリック・カズとかニッキー・ホプキンス、ランディー・ニューマン
トム・ウェイツ、ニーナ・シモンあたりかなぁ。

★Professor Longhair/crawfish fiesta/P-VINE/PCD-23043/2.300円
 
★ Dr.John/GUMBO/WARNER/AMCY-3041/1.700円

★James Booker/Junco Partner/Rycodisc /HNCD1359
ピアニストじゃないけど、ニール・ヤングが弾くピアノも大好きだし
アレサ・フランクリンなんかピアニストをつけるより自分が弾きながら
歌った方がずっとカッコ良かったりするよね。斬新だなあと思ったのは
ブライアン・オーガーかな?とにかくフレーズが変わっててかっこいいよね。
ニューオリンズのピアニストだったら、やっぱりフェスとドク、
ジェームス・ブッカーあたりがマストでしょ。なかでも僕がよく
コピーしたのはジェームス・ブッカーでこの人のソロ・ピアノの
時の一人リズム隊状態はあきれるよね。10thを多用してるから
手の小さい日本人にはちょっと真似しずらいんだけど。

joncleary.jpg
★ Jon Cleary / and The Absolute Monster Gentleman/Basin Street/ BSR 0901-2

★ CECIL GANT/THE COMPLETE RECORDINGS VOL.1/ BLU-01106
あと現在ボニー・レイトのバンドで弾いているジョン・クリアリーもかっこいい
ピアニストだよね。自由が丘の『マルディグラ』やニューオリンズの
『メープル・リーフ・バー』で連弾したんだけど、ピアノが『ゴリゴリ』
いうんだよ。このピアノこんなにでかい音でたっけ?ってあっけにとられるよ。
ブギウギピアノだったらセシル・ギャントが好きかなぁ。ブギウギ
なのにメロディーがあるんだよね。それになんだか哀愁が漂ってる。

★小曽根 真/WIZARD OF OZONE/universal /UCCV-2003/2.857円

satou.jpg
★佐藤 博/Time/アルダン・レコード/ARCD-1002/2..500円
日本人のピアニストでリスペクトは全然ジャンルもスタイルも
違うけど小曽根 真さんと佐藤 博さんかな。小曽根さんとは北海道
のJAZZ FESSで一緒だったんだけど、あそこまでピアノをてなづけてる
人は始めて見たって感じで、なんだか見てて涙でちゃったんだよね。
もうやんちゃを通りこしてるって感じ。小曽根さんがやんちゃだと
思ったのはライブのあと朝まで打ち上がって、そのままゴルフ
行ったとこだよね。そんな体力どこにあるのって。話していても
やっぱり目がキラキラして子供なんだよね。すごく輝いてる。
佐藤さんのピアノはいつ聴いてもセンスが良いなあって思うな。
ルーツミュージックへの愛情がバランスよく表現されてる感じかな。

★ もちろんKYONさんのピアノはボ・ガンボス時代から憧れてたよ。
当時僕は学生で、ボ・ガンボスが学祭に来たんだよね。KYONさんのピアノは転がっていてそれでいて
ロック・フレーバーに溢れていたんだ。僕は学生のある時期ルーツミュージックにどっぷりだったから
大好きだったロックのことをすっかり忘れていたんだけど、KYONさんの
PIANOがまたロックにひきずり戻してくれたんだ。
リクオさんともだいぶ前に出会ったけど、日本語でもロックできるん
だって、それにピアノだからこそロールできるんだって教えられた存在だよね。
リクオさんをみていていっつも思うけど、『KEEP ONROLLING』を身をもって
みんなに示してるところがカッコいいよね。
今回のアルバムは5人ともまさに子供状態だよね。ピアノを弾いていればたのしくて満足なんだよ。
わすれちゃいけないよね、この感覚。

YANCY
posted by CRAZY FINGERS WEB at 03:00| Comment(0) | TrackBack(2) | RECOMMEND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RECOMMEND<斉藤有太>

LITTLE FEAT.jpg
★ LITTLE FEAT/WAITING FOR COLUMBUS /WARNER BROS/WPCR-11285 ~6/3.600円

「デキシーチキン」のソロは最高!とにかくバンド全員の演奏、アンサンブルの素晴
らしさは群を抜いてます。この時代のライブ見たかったなぁ...

KEES.jpg
★ Keith Jarrett/FACING YOU/UNIVERSAL / UCCU-5095

音楽の喜び、悲しみが一杯詰まってます。彼が音を出してる場所に、
ほんの少しでも近付けたら....ただただ尊敬してます。

斉藤有太
posted by CRAZY FINGERS WEB at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RECOMMEND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RECOMMEND<伊東ミキオ>

SERONIUS.jpg
★ THELONIOUS MONK/SOLO MONK/SONY RECORDS/SICP-5067/1.800円
「EVERYTHINGS HAPPENS TO ME」
セロニアス・モンクは前から知ってたけどちゃんと聞くようになったのはここ2年くらいかな。
ギターリストの友人からDVDを借りて観て感動して、翌日モンクのCDを買い漁りに行った。
モンクの曲じゃないけど「EVERYTHINGS HAPPENS TO ME」という曲が
お気に入りで必死にコピーしたんですよ。
この曲は僕の弾き語りライブでもやってます。ストライド奏法!オ〜イェ〜
ジャズピアニストではセロニアス・モンクとミシェル・ペトルチアーニが好きかな。

FACES.jpg
★ THE FACES/A NOD IS AS GOOD AS A WINK...TO A BLIND HORSE(馬の耳に念仏)
/WARNER /WPCR-568 /1.748円
「Stay With Me」
影響されたピアニストは多数ですが、ファイセスのイアン・マクレガンもその中の1人。
「Stay With Me」のエレピとかカッコイイぜ。ルーズでロッキン!そしてハッピー
90年にロニー・レインが来日しまして、そのピアニストでマック(イアン・マクレガン)も来日。
とにかく僕の中ではいまだにベスト1のライブです。
余談ですが2位は京都磔磔で観たダン・ペン&スプナー・オールダム。
3位は渋谷で観たピーター・ウルフ。

★ YAMAZEN/MUSIQUE / GARAGE ONE/GOST0012
僕は九州は熊本出身。
今も九州の濃いミュージシャンの方々と交流がありますが(笑)
その中で僕の師匠が2人、渡辺三希雄(フロム熊本)さんと石井啓介(フロム福岡)さん。
どちらもとても素晴らしい鍵盤プレイヤーなんです。
石井さんは泥臭いピアノを弾く方で僕にロックンロールピアノの数々の左手パターンを伝授してくれました。
今こうやって僕がカッコヨカピアノが弾けてるのは渡辺三希雄さんと石井啓介さんのおかげかも・・・はい。
石井さんは福岡の大御所ロケンローラーの「山部善次郎」さんのバンドで
今もバリバリにピアノ転がしてるぜぃ〜カンカラカンカンカラカン!
とにかく男気爆発ピアノを聞きんしゃい!

伊東ミキオ
posted by CRAZY FINGERS WEB at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RECOMMEND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。